デート用のロボット自作するも…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマンティック・エンジニアを名乗る若者。ワイングラスとキャンドルを前にデート用に自作したロボットが動き出すのだが…

▼Datebot 1000

グラスにワインを、キャンドルに火をつけようとするが、どちらも長さが不適切でワインはこぼれ、ロウソクは高すぎる場所で燃えている。あと少しの工夫のように見えるが若者はドヤ顔を崩さない。このおかしみが話題となっておりネットでは

「なんていうか、すごいよ、君は」
「今後10年はgif動画として生き残るだろう」
「世界が必要としているものがここに。未来がここにある」

とウケているようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加