客室乗務員の服装の歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加

客室乗務員、キャビンアテンダント、フライトアテンダント…呼び方が様々あるように、その服装もまた大きく変遷してきた。そんなCAの制服の100年の歴史をまとめた動画が公開されている。

▼100 Years of Flight Attendant Uniforms | Condé Nast Traveler

当初の控えめな服装から、パンナム、パンアメリカン航空を彷彿させるユニフォーム、60年代のサイケデリックな服装というように時代の進んでいく過程が見て取れる。

動画には

「やはり50年代が最高だ」「パンナムは本当に完成されている」
「90年代はブリトニー・スピアーズのMVで覚えてる」
「未来の制服はむしろ50年代の想像図じゃないのか」
「全部好き」「憧れの職業だよ」

といったコメントが書き込まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加