マライアが大みそかに大失態

このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手のマライア・キャリー(46歳)が、大みそかにニューヨーク・タイムズスクエアで開催されたカウントダウンイベントで見せた“大失敗”パフォーマンスが話題を呼んでいる。

▼Mariah Carey Caught LIPSYNCING at Dick Clark’s New Year Rockin’ Eve 2017!

この日、マライアは「オールド・ラング・サイン(『蛍の光』)」のパフォーマンで登場。そこから数曲披露するも、音楽とバックコーラスが流れるだけで、マライアはうろうろとステージ上を動くのみ、歌えないのを誤魔化している仕草が丸わかりの状態に。さらに口パクとわかるシーンもある大失態で、この模様はテレビでも中継されてしまった。

ネットでは、そんなマライアのパフォーマンスに厳しい声が飛び交っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加