2016年ベスト錯覚コンテスト作品

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年ベスト錯覚コンテストで優秀な成績を収めた作品が話題となっている。

▼Ambiguous Cylinder Illusion

作成したの工学博士の杉原厚吉先生。昨年に続く作品は、公式の説明によると「二つの方向から見たとき、まったく違った姿に見える新しい立体錯視」を用いたもので、「1枚の画像には奥行きの情報がないためそこに映っている立体はひとつには決まらないという数理的知見と、 人間の脳は画像を解釈するとき直角を優先するという心理学的知見を組み合わせて作ったものです。 」とのこと。

ネット上では

「時空を曲げないで!」
「これは黒魔術か何かか」
「シンプルですばらしい」
「人間の目がいかに騙されやすいか、ということだ」

といった賞賛のコメントが相次いでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加