世界初の3Dプリンタ製自動車

このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンタで作れないものは、もはやないのではないか、というくらいに多くのものが作られているが、意外なことに世界最初の「3Dプリンタ製の車」が制作されたとして話題を呼んでいる。

▼3D-printed Car by Local Motors – The Strati

イタリア語で「層」を表す言葉の複数形から名付けられたStrati。名前の通りプリントされた層が徐々に車となっていく。44時間で作成されたこの電気自動車は、2人乗りで最高時速64キロ、バッテリーパックによって160から190キロメートルほどの走行が可能だという。販売は1万8千ドルから3万ドルの間(193万円から321万円)の値段で年末に間に合わせたいと考えているそうだ。

コメントで見られる反応では

「工場の危機だね」
「ナイスだ」
「クールだ」
「新しい時代の始まりだなぁ」
「終わりの始まりかも」

と、新しい技術への称賛と、時代が変わりつつある感慨について語られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加