天候急変 ビーチ襲ったひょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族連れなどで賑わう、ロシアのあるビーチ。動画の冒頭は、強い風が吹き始めたところから始まる。砂浜の砂を巻き上げ、こりゃたまらんとばかりにビーチから退散していく人々。しかしまだこの時点では空は明るく、雲の隙間から青空も見え、人々の笑い声が聞こえていた。

▼Freak hail storm hits Siberian beach in mid-summer

ところが、動画の30秒あたりから様相が一変。雨音が聞こえてきたかと思うと、今度はトタンのようなところにゴンゴンと“何か”が打ち付ける音。カメラが海面に向くと、なんと大量のひょうが広範囲にわたって落ちてきていた。海の中から砂浜に逃げようとしている人たちは、皆、一様に頭を保護しながら走っている。

その後、ビーチにはひょうが降り続き、多くの人が狭いパラソルに身を寄せ避難。つい先ほどまでの笑い声は、悲鳴に変わっている。そして、砂浜はひょうで埋め尽くされていった――。

3分ほどの動画は、ひょうが降っている状況の中で終了となり、最終的にどれほど降り続いていたのかはわからない。しかし、この動画を見たネットユーザーからは

「こんなに早く天気が変わるのか…」
「この世の終わりみたいな映像だな」
「OMG!」
「平然としてる人もいるけど、それロシア人だからだよ」

などの声が上がっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加