サメの口からアザラシが出た

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスカバリーチャンネルが毎年力を入れている、サメ特集「シャーク・ウィーク」。昨年はアザラシを海に帰そうとしているところ、サメが丸呑みにするというCMで物議を醸したが、今年は大きなサメが吊り下げられている場面から始まる。

▼Shark Week Is Back! | Starts Sun Aug 10 9/8c

吊られたサメがいきなり動きだし、地面へと落ちる。そして口からはなんとあのアザラシが。1年ぶりに生還し、子供の声でアザラシの名前が呼ばれ、動画にも生還を知らせるハッシュタグが提示されるという伏線の回収。しかもサメからは男性も現れて「シャーク・ウィークだ」と番組の宣伝を忘れない。

コメントには

「これぞ奇跡、アザラシは生きていた」
「もう既に興奮するよ、シャーク・ウィーク」
「私たちは食べないで」

といったコメントが寄せられている。

また、 サメを家畜のように従えて、肉片らしきものを蒔き、それらをホホジロザメやアオザメ、シュモクザメなどがジャンプして食べるというCMも用意されているが、これらは「動物虐待ではないか」といった厳しい意見もあり、これもひょっとしたら来年、何らかの形でつないでいくのかもしれない。

▼King of Summer | Shark Week 2014 – Sun Aug 10 8/7c

このエントリーをはてなブックマークに追加