Facebookダウンは中国の攻撃?

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月19日(日本時間)、この4年間で最長となる31分間利用できなかったFacebook。この原因が中国からのDDoS攻撃(分散型サービス拒否攻撃)の可能性があると、サイバー・セキュリティ会社のNorseが自社の作った「アタック・マップ」によって伝えている。

D100 Radio

通常の攻撃は発射された1本のミサイルのように見える細い線だが、中国からの攻撃はもはや線ではなく、面であり、通常の攻撃とは全く異なることを動画で感じられる。

Norse社はこのアタック・マップが幾つかのアジアの報道でも取り上げられているとSNS上で紹介しており、世界的に影響を与えた事件について危惧しているようだ。

また、Facebookを開設したマーク・ザッカーバーグ氏をモデルにした映画「ソーシャル・ネットワーク」で「Facebookが他と違うところを言わせてもらうと、うちは”決して”ダウンしない!」 というセリフがついに破られてしまったことも話題となっている。

ネットでは

「この動画はとてもクールだ。ネットワークセキュリティに関心がある人のためになる」
「中国は戦争の練習をしているのだろう」
「ナイスアタック」
「気づかなかった…」

というような声が上がっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加