コカ・コーラのキャップで電話

このエントリーをはてなブックマークに追加

コカ・コーラが「ハロー・ハピネス」というキャンペーンをアラブ首長国連邦で実施。その様子が公開された。

ドバイへと働きに来ている南アジアの人たち、その人たちが家族と話せるように、コカ・コーラのキャップで3分間話せる電話のブースを作ったという内容だ。遠く離れた家族と話している表情が嬉しそうで、心温まる動画となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加