「R2-D2」がキーボードを投影

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ラナが、「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」の保有するキャラクターをモチーフにしたデジタルガジェットの新ブランド「imp.(インプ)」を設立し、第1弾商品として「R2-D2 バーチャルキーボード」の受注予約を開始した。価格は3万3480円(税込み)で、出荷は8月下旬を予定。

原作でもプロジェクションで映像を映し出したりしていたR2-D2。この商品も、デスクのような平らな面に、ピカーッとバーチャルキーボードが投影される。また、タイプする際には“あの効果音”も。投影式のBluetoothキーボード自体は以前よりあり、珍しいものではないが、その見た目、ギミックはファン垂涎の仕様と言えそうだ。

対応OSは、iOSやAndroid、Windows、Macなど。

このエントリーをはてなブックマークに追加