32年制作中の「輪ゴムボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳のときから32年間も制作を続けているという、“輪ゴムボール”を披露する男性の動画が公開されている。

この“輪ゴムボール”は、カラフルな輪ゴムをひたすらボールにかけて、少しずつ、少しずつ成長しているもの。男性曰く「中心を通るように調整する」ことがきれいな形になるコツなのだそうだ。

こうしてできあがった“輪ゴムボール”の意味は、考えてはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加