自分の手を立体的に描く方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の手を使った、3D立体視の効果が出る絵の描き方を伝える動画が公開されている。

仕組みはとても簡単で、自分の手型をまず薄く下書きし、次は濃い色のペンで横一直線、自分の手の所でくいっと曲げるというやり方。

その後、ペン色を変えて同じ要領で進めると自分の手の3D絵ができる。シンプルなやり方なので、お子様などの楽しみにもよいのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加