スミソニアン博物館で突然…

このエントリーをはてなブックマークに追加

休日のワシントンDCのスミソニアン航空宇宙博物館。賑わう入場客の中にぽつんと置かれているイス。そこにチェスを持ったひとりの男性が腰掛け、バッハのカンタータを奏で始める…

腕にはアメリカ空軍の腕章があることからアメリカ空軍軍楽隊の一員であることがわかり、そして彼に続いて楽器を持った人たちが登場し、徐々にスケールの大きなフラッシュモブとなっていく。

動画中盤からは心を揺さぶる華々しく美しい「もろびとこぞりて」が入場客を包み、一堂拍手喝采で幕を閉じるという素敵な動画となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加