ドラえもんが初の3DCG映画に

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドラえもん」初の3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」が、藤子・F・不二雄氏の生誕80周年にあたる2014年夏に劇場公開することが決まり、その予告編がYouTubeで公開された。

予告編では、3DCGで描写されたドラえもん、のび太、ジャイアン、しずかちゃん、スネ夫などが動いている様子を見ることができる。普段目にする通常のアニメ版の「ドラえもん」とはまた異なるビジュアルなのも大きな特長だ。

「ALWAYS 三丁目の夕日」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎貴監督と、「フレンズ もののけ島のナキ」で山崎監督とコンビを組んだ八木竜一監督の2人がメガホンを執る。

ストーリーは1巻「未来の国からはるばると」、6巻「さようなら、ドラえもん」、25巻「のび太の結婚前夜」などを再構築したものになるそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加