やってしまったGKの珍ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月10日に行われたJリーグ・アルビレックス新潟vs.大分トリニータの試合で、大分のGK清水圭介選手が大失敗。珍ゴールが生まれてしまった。

前半13分、新潟のコーナーキックをキャッチした清水選手。味方に早くパスを供給しようと素早くボールを蹴ったところ、目の前にいた新潟のFW田中達也選手に当たり、ボールは無情にも自陣ゴールへ……。

ボールが吸い込まれる様を呆然と見つめ、崩れる清水選手の落胆ぶりも印象的だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加