実写版「魔女宅」動くキキの姿

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年3月1日公開の実写映画「魔女の宅急便」の特報PV第2弾が、11月6日に解禁された。今回は本編の一部が盛り込まれた初めての映像となる。

PVの最後に映る本編映像は、「空を飛んできたキキが初めてお届け物をする姿」。主演の女優・小芝風花(16歳)がほうきにのって現れ、「お待たせしました。お届け物です」と話すシーンだ。

「魔女の宅急便」は、魔女の少女キキが独り立ちをするべく、相棒の黒猫ジジと旅をしながら見つけた街で、「宅急便屋さん」を営む物語。仕事やさまざまな経験を通しながら、立派な魔女へ、そして少女から大人へと成長していく姿が描かれている。原作は1985年に第1巻が刊行され、2009年刊行の第6巻で24年の歴史に幕を下ろした。

なお、今回の実写映画版はアニメ版との関連はなく、スタジオジブリはタッチしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加