人造人間「バイオニックマン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月17日に米ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館で公開された人造人間「バイオニックマン」の映像が、YouTubeのスミソニアン・チャンネルで公開されている。

「バイオニックマン」は身長183センチ、体重は77キロ。大学などが開発した28の人工臓器を組み合わせ、英ロンドンのシャドー・ロボット社が組み立て、今回の公開にこぎ着けた。ちなみに、音声認識による会話は可能だが、人格は「ウクライナ出身の13歳の男の子」を想定しているそうだ。

公開されている映像では、「バイオニックマン」を組み立てている様子や、全体像、歩行する様子なども見ることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加