英国から“酔っ払い映画”上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加

英国の新鋭監督の一人、エドガー・ライト監督最新作「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2014年春、渋谷シネクイントほか公開)の特報が公開された。

特報はクエンティン・タランティーノ「確実に笑えてノドが乾く!」、ピーター・ジャクソン「とにかく気に入った!」、ギレルモ・デル・トロ「大人の為のおとぎ話だ」という、一癖ある一流クリエイター陣から絶賛のコメントに続き、1晩に5人で12軒のパブを巡るというハシゴ酒の間に起こる不穏な出来事と、世界を救う酔っぱらいたちの活躍ぶりが垣間見られ、期待の高まる映像となっている。

エドガー・ライト監督は「僕の新作『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』は果てしなき青春へのこだわりとその行方がテーマです。主演には お馴染みのサイモン・ペッグとニック・フロストを迎え幼馴染みたちが未来を懸けて闘うSF・アクション・コメディです。彼らの魅力が詰まった本作を存分にお楽しみください」とコメントを寄せている。

☆「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」ストーリー

舞台はイギリスの田舎町。ゲイリー・キング(サイモン・ペッグ)の提案で、幼なじみのアラフォー男5人は、学生時代に達成できなかった12軒のパブのハシゴに再チャレンジ!しかし、なんだか町の様子がおかしい。お酒が進めば進むほど、町の不穏さも高まる…。最後のパブ“ワールズ・エンド”まで、果たして5人はたどり着けるのか!? ハリウッドも大絶賛した酔っぱらいエンタテインメント、遂に日本上陸!

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」
監督:エドガー・ライト
脚本:サイモン・ペッグ、エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク
2013年/イギリス/109分/シネマスコープ/ドルビーSRD/原題:The World’s End
ユニバーサル映画 配給:シンカ、パルコ
PG-12
2014年春、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
公式HP:http://www.worldsend-movie.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/worldsend.jp
公式Twitter:https://twitter.com/worldsend_jp

このエントリーをはてなブックマークに追加